貴方の分身である、大切な印章・・・・・・

貴方の大切な財産や資産を、これから管理する印章・・・・・・

ただ、最初から最後までコンピュータ任せ、文字はどうでも良い・・・

ただ「安ければ良い印鑑」は大変危険!!

「印鑑は文字が命」

いま、お客様の気持ちを、大きく2つに分けるとします。

@ とにかく実印や銀行印なんてそんなに使わないんだから、安ければ安いほど良い。

A 一生物、少し高くても、きちんとした物を作ろう。

私共は、お客様のご予算に応じて、様々な商品からお選び頂く事が可能です。わからない事は、何でも聞いて下さい。接客などのサービス面でも喜ばれる事を常に心がけ、千葉県に私の両親がハンコ製造販売の店舗を構え22年が過ぎ、やはり実店舗は値段より信用される事が第一だなと、22年過ぎて、つくづく感じております。この度、秋葉原にも両親が培った体験経験を元に、私が運営する心の楽園本舗内でハンコの製造販売事業部を立ち上げました。私共は、技能的にも信用的にも、自信を持って推奨出来る数名の彫刻士と契約しております。最近は例えば脱サラで技術を身につけなくても、明日からすぐにでも印鑑を作り商売するためのツール「安く誰でも簡単に扱える彫刻機」が普及しています。その機械を使用して、インターネット上でハンコ激安だけをうたい、ただコンピュータ上で文字をキーボードで打って、あとは全自動で機械が彫刻、仕上げまでも機械が勝手にやってくれます。自動販売機のような流れす。もし、お客様の方で何軒か比較されているハンコ屋さんがあれば、販売店の責任者へ、「印章彫刻は何年の経験があるのか??」「印章に対する情熱」等、ホームページの外見・文章だけで想像・判断は決してしないで、遠慮しないで実際に電話して聞いて見て下欲しいのです。ただ激安価格でお客様に喜ばれる為に、常に市場価格調査に専念します!そういう気持ちの責任者は、いつまでも激安価格の勝負で、良い印章は作れないと思います。インターネット通販店には、こういう気持ちを持つ責任者が本当に数多くいると思います。彫刻のスピードや文字の太さや細さ、深さ浅さなど、これらはソフトウェアで簡単に設定出来てしまいます。そもそも、これらの機能は、職人の技をリアルにコンピュータが真似ているだけです。マッサージチェアのようなものです。ですから、人間の手で仕上げました!いわゆる、手仕上げ印鑑とか手彫り仕上げ印鑑等、言い方は様々です。一般のお客様がその言葉を見たら、たいていは、機械なんて使わないで人間の手で彫り上げた=手彫り印なんだと勘違いしてしまうでしょう。日本語は、気をつけて使わないと、時には誤解を与えてしまう事になり、非常に危険な事でトラブルも多いです。

ただ、コンピュータの電源のonとoff、印章作成のアプリケーションソフトを起動し、キーボードで日本語やアルファベットを入力出来るだけで、本当簡単に作れてしまうんですよ実は・・・・。象牙や水牛、チタンなど、どんなに良いとされている材料でも、技能的に未熟な者の仕上がりの文字を見てみますと、私共では「文字が貧弱」という言い方をします。いかにも、さっぷうけで、ただ機械で彫ったコンピュータ文字という事です。しかし実際に、注文して仕上がって来ないと、なかなかわからない物です。ホームページ上の仕上がりイメージの写真だけでは、あまり比較になりません。その写真も、自分が作った印影ではなく、彫刻機メーカーの資料からスキャニングして貼った物かもしれません。材料はとても立派・・・。それは認めましょう。ただ、印章の命とされる肝心な文字が、その立派な材料を殺しています。外見・見栄えだけを重視しつつ、かつ激安である事だけが強みのハンコ屋さん。素人でも簡単に扱えてしまうコンピューター彫刻機では、「印相体」「篆書体」「古印体」などなど、アプリケーションソフトに特典として無料で付いてくるFont(フォント)を、まずはキーボードで作りたい名前を画面上にポンポンと入力、(5秒程度)それからマウスで印鑑に上手く文字が収まるように、文字のサイズを小さくしたり大きくしたり、はみ出た所を消したり・・・・・。(20秒程度)このように修正して作成しております。印章彫刻機を販売している会社は、ほんと数える程度ですから、どこのハンコ屋でも、だいたいは同じ物を使っているので、似たような仕上がりとなってしまうのが現状であり、まして機械彫りで彫られた印章は、何倍にも拡大すると、ドットで表示されます。このドットをなぞり、少し詳しく器用な人間なら、簡単に印章が偽造できるのです。しかし、手彫り印章は、人間の手で書いて最後まで手作業の為、拡大してもドットではなく曲線です。また、十人十色と言われる様、そっくり同じ手書きは誰にも出来ませんから、偽造は不可能です。だから、当店では手彫りを奨めます。私共では、ご予算があまりない、もしくはとても急いでいるお客様の為に、一応機械彫りも行います。しかし、同業他社との差別化を計り、「オリジナリティーを出す」志を固め、機械彫りでも、手書き文字にこだわっております。一級技能士の手で実際に書いた物を、最終的にコンピュータへ取り込み、同業他社の誰もが圧倒する性能を持つ、ハイテク彫刻機で作ります。手彫りに負けない位の美しい印章をご提提供可能です。いくら仕上げをすると言っても、ただ底に付いた削りかすを取り除くだけの物、底を何の意味もなく、ただ傷つけていかにも手彫り風とさせ、それを「手彫り仕上げ」や「手仕上げ印」などと言っている所も現実にたくさんある様ですね〜。彫刻前に文字を作る(書く)作業が最もココが重要です。私が「印章は文字が命」とお伝えしている理由はここにあるんです。

若干、当店の価格が高いとしても、「秋葉はんこ工房ハンズ秋葉原店」で作って本当に良かった!そうお客様に感じて頂ける様、常に肝に銘じて印章彫刻に専念します。印章は外見じゃなく、文字が命である事を理解して頂ければ幸いですハンコはどれも同じ??違いますよ。作業の段取りで本当に雲泥の差があります。A店の方がB店より1000円安い!保証をしっかりしてくれる見たいだし、○○○のライセンスを取得している見たいだから、大きそうなお店だし、きっと素晴らしい物を作ってくれそう、対応してくれそう・・・・・。これは、印章店に限らず、様々な業種で言える事ですが、外見だけで購入を判断するのは本当に危険ですよ!!

インターネット上でしか商売していないお店より、実際に実店舗を持つお店の方を私は推奨します。少し高くでも、実店舗を持っていれば、簡単には逃げられないし、実店舗へ行けば、実際に彫刻している光景も見れるでしょうし、手に取って見る事もできる。もし、私「加勢勇介」が店頭にいれば、一言私に言って下さい。「実際に彫刻する材料を実際に見て選ばせてあげる事も可能です。ゲ可能な限り対応致します。例えば、柘植も、一本一本、色や模様など特徴があります。お気に入りの物に彫れれば、尚、一生大切にしたいですね!ここまで読んでくれて、本当にありがとうございました!!

場所がわからない場合、お気軽にお電話いただければ、お近くでお待ち致しております。

電子マネー、クレジットカード、PAYPAYなど各種お支払いにご利用いただけます。

クレジットカード/電子マネー支払OK

※複数の電子マネーでの支払い、他の支払方法との併用不可。


秋葉はんこ工房 ハンズ秋葉原店

東京都千代田区外神田3-10-6 丸和ビルB1

(営業時間) 12〜18時

(定休日)月曜・祝日

TEL 050-5849-8825

●通信販売の法規 ●経営理念印鑑の選び方

印鑑の知識印鑑手入れ・保管方法

印鑑の歴史

copyright秋葉はんこ工房ハンズ】rights reserved